テロと監視カメラと痴漢

監視カメラと痴漢

イギリスには、ロンドンだけでも、400万台が設置されているそうだ。それは、世界の20%にも昇る様です。イギリス中央監視室で、すべての問題を監視し、カメラも細かく監視できるようです。

実はテロだけのためではなく、街中のすべての行為を監視しているようです。

監視カメラは、街角に設置するケースもありますが、警察官の服に監視カメラを取り付けてすでにロンドンでは3万台の装着監視カメラが動いているそうです。

監視カメラは最近は警告する

「ゴミのポイ捨て」を監視でみつかると、「監視カメラが監視しています」と音が街中に流れ、警告をしているようです。80%のロンドン市民は大きなテロを抑止力をもっていると考えているようです。

ロンドンでの監視カメラシステムを、東京オリンピックにも売り込もうとしているようです。

よって、この監視カメラによって、痴漢の冤罪もへるのではないか?と言われています。というのも、街中でおきている様々な言いがかりを監視カメラが目撃すれば、女性側が言いがかりをつけていることがわかるわけです。

このように、多くの監視カメラが東京にも今後設置されてくるわけですから、もしも自分が痴漢冤罪に巻き込まれた場合、監視カメラの提出を求めてみることも重要でしょう。