欧米では痴漢に対する啓発意識が日本よりも高い?

日本独特の文化?「痴漢」

日本では場所を問わずに発生している痴漢行為。しかし、そんな日本でも痴漢行為に関しては随分厳しく対処される時代となっています。それでも欧米に行きますと男女の権利が本当の意味で同等に扱われているのと、女性の地位も非常に高い事情もあって痴漢に対する啓発意識は大変高いのでしょう。

欧米では女性への暴行などについても意識が非常に高くて犯罪水準は日本以上に高いものの、それに対する刑罰は非常に厳しいものが課せられる傾向にあります。日本以上に訴訟がしやすい環境にあるのも一因でして、日本における痴漢行為への罰則はまだ甘い方かもしれません。

欧米は痴漢への罰則が厳しい!

それでも、上述のように欧米は様々な民族が入り混じっている現実もあって、たとえ痴漢に対する行為が法律上は厳罰化されていてもそれでコントロールすることはなかなか難しいと言えるでしょう。現に欧米における痴漢行為は凄まじい暴力を伴うことも多く、いわゆる深刻な性犯罪に発展して行く可能性も非常に高くなります。

特にアメリカなどになりますと黒人と白人の価値観が大きく異なることもあって、黒人が白人優位の社会に大きく不満を持って痴漢や犯罪に走ることも頻繁に発生している訳です。これにより、制度自体は日本よりも厳しくならざるを得ないのでしょう。

また、弁護士によれば欧米では裁判制度も日本とは大きく異なるために、日本では当然ながら重罪になるようなケースでも非常に軽い罪になる等の矛盾が存在しているのも事実なのです。