痴漢対策を伝授

6c9d9fd1c543b5c3cfe184c49843fdd7_s

痴漢冤罪は突然に

男性にとって人生を一気に変えてしまえかねない出来事と言えば、痴漢に間違われることではないでしょうか?かつては、お笑いのコントでも痴漢行為を人のせいにするなどのコンテンツがあったものですが、現在は痴漢冤罪を助長してしまうと言うことで規制されているようです。

現在はバス・地下鉄・鉄道に限らず痴漢行為は等しく発生していますので、同時に痴漢に間違われる男性の数も急上昇中なのです。しかし、現実的にこのような交通手段を全く使わないとことは出来ませんので、如何にして痴漢に遭わないように工夫するかと言えるでしょう。

それでも、このような公共交通手段の中で痴漢に仕立て上げられにくいものとすれば鉄道であることには変わりありません。なぜなら、基本的に座席に着くことが出来るからです。最近は立ってでも乗りたいと言う方も多いですが、基本には必ず座れる指定席を利用することが重要と言えます。

痴漢に強い弁護士によればバスと地下鉄については基本的に痴漢として間違って扱われるリスクは今まで以上に上がると見ていて、抜本的な防止策は無いとされているでしょう。しかし、立つことの多い公共交通を利用する場合は、その狭い空間の中で如何に女性が来ない場所に位置するかを考慮することが求められるのです。

また、痴漢冤罪が最も多いとされる電車や地下鉄では出来るだけドアや壁側を陣取り、さらにそっちのほうに顔を向けるようにすると痴漢に間違えられるリスクは大幅に減るでしょう。

仮に、痴漢に間違われた場合、痴漢に強い弁護士に連絡して相談することが重要です。

痴漢冤罪への対抗方法

仮ににバスや電車の中で、痴漢だと疑われた場合、防犯カメラに録画されております。その一通りの動作に一連の不自然者がないことや、周りの証人を確保して、自分の正当性を確保いたしましょう。正しいことは正しい、やっていないことはやっていないと主張することが重要です。

とにかく、警察の威圧にまけてしまわないように、正しく主張していくことが重要なのです。